洗剤で変わる症状|アトピーの症状が改善できる化粧品をチェック

シャツ

アレルギーが悪化する要因

洗剤と洗濯物

合成界面活性剤は避けます

アトピーの肌は皮膚は乾燥などによって皮膚のバリア機能が低下することで様々な症状を引き起こしています。そのため合成洗剤に含まれる界面活性剤はアトピー肌にとっては避けたほうがいいといわれる成分となっています。界面活性剤は一つの分子の中に水に馴染みやすい部位と油に馴染みやすい部位を持ちます。そのことで水と油といった本来なら混ざらないものの性質を変えて混ざり汚れを落とす働きをあらわします。皮膚は皮脂膜とセラミドなどの細胞間脂質によって保護されています。そこに界面活性剤が作用すると皮脂膜を取り除き、角質層付着してしまいます。そしてその界面活性剤が角質層の細胞間脂質を溶かして皮膚の状態を悪化させてしまいます。さらに界面活性剤が皮脂膜を洗い流してしまうことで皮膚を保護しているカバーがなくなり、皮膚の水分蒸発量が増えることになります。その結果乾燥しやすくなり、肌の痒みを感じやすくなってしまうのです。

すすぎも大切です

ではトピー肌の人はどのような洗剤を使用するとよいのでしょうか。まずは界面活性剤が含まれておらず成分が純石けんであることが第一条件となります。とはいっても、洗い上がりのゴワゴワ感が強すぎると擦れて皮膚に負担がかかりアトピーが悪化する恐れがあります。ですからある程度柔らかく仕上がる洗剤が理想的といえます。仕上がりがゴワゴワになる場合は柔軟剤代わりにクエン酸を使用してカバーする方法もあります。アトピー肌の人は洗剤も大切ですが、すすぎも非常に重要となります。いくら界面活性剤が入っていないといっても衣類に石けん成分が残っていては肌に石けんをつけているような状態になり、アトピーが悪化してしまいます。上半身のうち特に肩や背中の症状がひどい場合はすすぎ不足で残った洗剤が刺激になっている可能性が指摘されています。ですからすすぎ回数を見直す必要があります。

肌への刺激を減らすために

洗濯機

一般的な洗剤に含まれている成分は皮膚に影響を及ぼすものも少なくありません。アトピーのような皮膚疾患をお持ちの方は症状を悪化させる原因にもなります。水に溶けやすく使いやすい洗剤もあるので積極的に活用しましょう。

詳細を読む

デリケート肌にも安心です

微笑む女の人

アトピー肌に対応した洗濯洗剤は、皮膚トラブルを起こす化学物質を配合していない点が人気です。この種の商品は、日用品専門の通信販売で数多く取り扱っています。通信販売を利用する際はまとめ買いをしましょう。それによって、割引サービスが適用されることがあります。

詳細を読む

敏感肌用の化粧品や石鹸

干し物

アトピー肌や敏感肌の人は、無添加の化粧品や洗剤を使用すると、皮膚の炎症を防ぐことにつながる。無添加の化粧品や洗剤はアトピー肌や敏感肌の人からの人気が高く、愛用者が増えている。アトピー性皮膚炎の人は、無添加の石鹸で洗顔すると、皮膚の炎症を抑えられる。

詳細を読む

Copyright© 2016 洗剤で変わる症状|アトピーの症状が改善できる化粧品をチェックAll Rights Reserved.